ナビゲーション

バナース










トップ概況


東京健康クリニック 整形外科外来


担当医師 後藤悠助





専門は膝関節疾患、スポーツ医学、外傷です。

これまで臨床での手術治療を中心に、スポーツドクター(特に格闘技のリングドクター)としても活動をして参りました。PRP注射によるスポーツ障害治療を得意としており、変形性膝関節症に対する再生医療にも力を入れています。できるだけ手術をせずに低侵襲(お体に負担の少ない治療方法)で治療を行うということを心がけ、診療に臨んでいます。スポーツによる関節痛や筋腱炎による長引く痛み、また既存の治療で改善しない変形性膝関節症でお困りの皆様、お気軽にご相談ください。

後藤悠助医師

変形性膝関節症と再生治療の動向

昨今の幹細胞治療テクノロジーの恩恵を受け、変形性膝関節症においても応用した治療が盛んに行われるようになってきました。国内外医療機関の治療成績を見ても、幹細胞をはじめとする関節内注射による再生治療は良好な成績を上げてきています。従来の治療すなわち、ヒアルロン酸注射、内服、物療と言った保存療法は国内で最も普及している治療です。しかし中には満足のいくような症状の改善が得られず、膝の変形が進行し、歩行が困難な状況になった段階で各種手術治療(関節鏡視下手術、骨切り術、人工膝関節置換術)に移行していくことも少なくありません。しかし今では手術へ踏み切る前に、もう一つの画期的な治療の選択肢ができています。これは最近の日本整形外科学会基礎講座における講義の中でも取り上げられてきており、諸外国においても盛んに行われている状況です。アスリートが関節を故障した際にその治療がニュースになることは多々ありますが、それもこうした再生治療のひとつです。

再生治療と聞くと非常に難しく敷居が高い印象をお持ちになられると思います。確かに新しい分野であり、また従来の治療では軟骨が再生するということは考えられないことでしたので驚かれることと思います。簡単に例を挙げるならば、ちょうどけがをした時すりむき傷ができたとします。その傷は放っておいても治っていきますね。この状況こそがまさに「再生」です。こうした仕組みを元に現代の研究から技術的に応用を加え、積極的に傷が治る環境を作り出そうとしているのがこの再生治療です。

当院では脂肪由来幹細胞や血小板由来製剤の技術を活用し、変形性膝関節症に悩まれている皆様に関節内注射という最も体に低侵襲な方法で最新、最善の治療効果を提供したいと考えております。また、当院ではこの最新の治療に加えて再生治療専用の「細胞再生促進リハビリテーション」を行うことで相乗効果を図っております。

これまでヒアルロン酸注射で改善が見られなかった方、手術適応と診断されたものの手術に躊躇されている方、また長年膝に痛みや違和感をお持ちの方々。当院での膝関節内注射による再生治療+細胞再生促進リハビリテーションをお薦めいたします。すでに新しい治療の扉は皆様の目の前に開かれています。

皆様のお体に大きな負担をかけることなく膝痛を改善させ、悠々自適な生活が送れる一助となれれば幸いに存じます。


健康な体の備えをサポート


東京健康クリニックは、



整形外科:関節治療領域におきまして、積極的に再生治療を導入しております。
関節専門外来関節ドックでは、皆様の関節の問題解決に臨んでおります。
当院は、再生治療と再生治療専用リハビリを一体化させてご提供しております。
その意図は、ロコモティブシンドローム(運動器の障害)、サルコペニア(筋
肉量の低下)、フレイル(筋力・活動/身体機能・認知機能などが低下している
状態)などを視野に、そうした状態の予防、または改善につなげていくことに
あります。個人差はございますが、加齢に伴いこうした現象は、どなたにも共通
の課題になってまいります。運動機能のバランスを維持するために、強い骨の健
康維持、筋肉量の保持、そして体力の温存を増やしていける糸口を捉えていきま
す。

実生活に直結した問題としてはやはり、足、腰の痛みは、生活行動の範囲をがっ
らと変えてしまいます。それは痛みによる運動量(活動量)を縮小させてしまい、
連動して骨への刺激を減らします。ゆえに筋肉量も少なくなり、体力が落ちてし
まいます。体内の血行循環も減弱していくことから、免疫系統が低下していくこ
とが懸念されます。

人は動いているという刺激がなければ、すべてが連動して後退していくという状
況を作ってしまう可能性があると言えます。ですので、「動くということ」、「
動けるということ」がすべてのはじまりで、とても大切な意義を含みます。

その動くための要、「足が健康であること」が大切です。そこを大切に診療に臨
んでいます。

人は45歳あたりを境に、病気を抑えている免疫力の総体がボーダーラインを下回りか
けてきます。そうすますと、様々な疾病等の出現が懸念されてきます。こうした、傾
向にあるので、日々のバランスのとれた活動量の維持増進や、そうした刺激からの、
免疫の活性化が下記の免疫機能維持の曲線をつり上げていけるイメージになると思わ
れます。ゆえに病気にかかりにくい体を維持していけるものと期待されているのです。






専門アプローチ
1.先端の再生医療による、関節治療をご提案できます。
2.再生治療専用リハビリテーションを組み込んでいます。
3.第二種及び第三種再生医療等提供計画書提出済施設です。


現在、膝の治療には内服や、ヒアルロン酸注射以外に、直接的に膝の軟骨の再生を期待
する治療が始まっています。症状の1期から4期の方すべての皆様に治療を検討していた
だくことができます。